2010年07月17日

Repaying plan

借金の金利は10年固定。
決済時の固定金利は公定歩合ゼロの頃に比べればかなり上昇してはいたものの、何しろ元金が元金なので変動金利のリスク※1は無視できなかった。
積極的な繰り上げ返済を計画しているのであれば、出来るだけ早く東京スター銀行かHSBC銀行で借り換えを行うのが賢い。これらの銀行は口座残高と同額の元金分の利息をゼロにするという、いざという時の為の現金を残しながら繰り上げ返済と同じ効果が得られるいいとこどりのサービスを提供している。金利は他行より1%程度高いが、口座残高を毎年大きく積み上げていけば損はしない。
しかしこのサービスを受けるには相当額の口座残高を予め用意する事が求められる。その資金が貯まるまでの期間にかかる金利を惜しむせっかちな自分は、まずどしどし繰り上げ返済を行ってとにかく元金を減らす道を選択。毎月の収入からファイナンシャルプランナーが見たら目をむきそうな割合を繰り上げ分に割り当てている。
その結果、毎月の可処分所得額は新入社員の頃に逆戻り。これがあと10年続く※2
実に質素な日々。むしろ清貧。
ただし新人の頃との大きな違いは「持てる清貧」であるという事。
金がない上に全方位にわたり物欲が満たされていなかったあの頃と物欲をほぼ満たした上で金がない今とでは、同じ「金がない」状況であっても心理的に大きな違いがある。昔は煩悩の塊だった。

自分のような俗人にとって煩悩をただ消し去るのは至難の業。
煩悩を消し去るには煩悩の対象を手に入れるのが最も早い。そして最大の煩悩を消し去れば、その他小さな煩悩は最早どうでもいいものになる。自分にとって最大の煩悩は家だった。


________________________________________________
※1 とはいえ、我が国が向こう10年以内にバブル期並の超高金利時代に突入する事はまずあるまい。しかし何があるか分からないのがこの世の常。この先IMFの世話になるような事がないとも言い切れないし、もしそうなったらそれこそ経世済民に何が起こってもおかしくはない。しかしこの国で小さな政府を実現するには彼らの強制力を用いる他にないのではないか。少なくとも官僚の助力なしでは答弁一つ出来ないピエロのごとき政治家が官僚機構を切り刻む姿などとても想像できない。敵は血の結束で一枚岩というのにこちらはバラバラの思惑で離散集合を繰り返す烏合の衆なのだから勝負になるまい。
※2 背負う家族のいない単身者だからこそ可能な返済プラン。収入と自身の健康に大きな問題が生じなければ10年を待たずして完済出来るだろう。続けられればいいなあ。先行きがますます不透明なこの時代、貯金よりもとにかく借金を減らす事に注力すべしというのが持論。健康に不安のない者のみが強弁できる傲慢な主張ではある。



posted by em at 21:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 金策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モノ減らしは続く

猛暑の三連休は家のモノ整理に当てる。

・不要になったカーカバー→譲渡
・漫画→スキャンサービスに送付しデータ化
・掛時計・電話・キーボード→オークション出品
・数百枚に及ぶ写真およびネガ→スキャン・データ化
・衣類→選別廃棄を継続

オークションで買い手がつくかどうか。つまらない物は一円でも買い手がつかないのがオークションの世界。幸いそれなりにコレクターの琴線に触れそうな品々なので、儲けようと思わなければ問題なくさばけるだろう。
最小限の家で最も貴重なのはスペース、死蔵品を置いておく空間はない。次のオーナーの下で陽の目を見ればモノにとっても幸せというものだ。
分かってはいるものの、撮影と出品手続きが面倒でしばらく放置していたこの作業。三連休にやらねばいつやる。

漫画本のスキャンサービスは存在するが、写真のそれはないのでこれは自ら一枚ずつスキャン・リネーム・保存を繰り返していくしかない。これも手順は分かっているが面倒くささになかなか腰が上がらなかったこと(少なくとも平日仕事帰りにやる気が起きる作業ではない)。これもこの三連休で出来るだけやってしまわなければ。

posted by em at 17:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | After Move | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

ホワイトウッドはフライトウッド?

家は見てくれよりも芯となる木材にこそコストを掛けるべし。
WWについての賛否両論※1を聞くたびに思う。
しかしよく考えれば、日本の木造住宅がこうなってしまっているのは一概にHMの所為とばかりは言い切れない。それはこの木の利点を見れば分かる。

・木肌が白く美しい
・柔らかく加工性が高いので工期が短く済む
・精度が高く狂いが少ないのでクレームを受けにくい

問題の多いWWを、それでもHMが多用するのは
「より安く綺麗に」「手軽に」そして「工期は出来る限り短く」また「柱の割れも少しの暴れも許さない」という潔癖な消費者のニーズに迎合しているのに過ぎないのではないだろうか。

・家造りは時間がかかるもの
・木材は生きているのだから割れも暴れもするし木目もある

と消費者側が心得ていれば、我が国の山林に溢れている杉材※2を用いた家はもっと増える筈なのだ。
日本の消費者は品質に対して世界一潔癖で厳しいというのは自動車業界では有名な話※3。しかし鉄骨やRCならともかく、自然素材である木で作られた家に工業製品レベルの精度を期待しても仕方がないとは思えないだろうか。
建売住宅に無垢フローリングが皆無である裏には、無垢の床につきものの現象(伸びた縮んだ隙間が空いた)に寄せられるクレームの存在がある。
クレームを回避しようとすれば合板フローリング以外に選択肢はない。その結果として消費者は無垢の床の良さを終生味わう事が出来ない。
これも度を越した潔癖さが自らの首を絞める結果になるという例だ。

________________________________________________
※1 圧倒的に否が多いのだが。詳細は「ホワイトウッド」で検索するとうんざりするほど出てくるのでここでは割愛する
※2 杉の耐久性は桧に少し劣るが個人宅の構造材に用いるには十分。桧>杉>栂>>>>WWといったところ
※3 日本の消費者は塗装の僅かなゆず肌やタレも許さない。港からPDIセンターに直行した輸入車はその多くが板金や再塗装といった「納車前整備」を経て店頭に並ぶ事になる。あなたが大枚叩いて買った新車は「誰も触れていないまっさらな新車」どころか事故修理並の「整備」を受けてコテコテにいじられた車なのだ。




posted by em at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ドクダミは許す

コンクリートで舗装された駐車スペース以外の僅かな敷地には白砂利が敷き詰められているが、その下から芽を出した雑草がそろそろ目立つようになってくる。
目につく度にこまめに引き抜いてはいるが、雑草に負けずにあちこちから芽を出しているドクダミにだけは手を付けずに生えるにまかせている。
怪我の手当てに利用し薬効を身をもって知って以来この薬草にはある種の敬意を払っている。実用面以外でもよく見ればモスグリーンとバーガンディの渋い配色や葉の形もなかなか風情があっていい。と言ってもわさわさと群生するまで茂ったら風情どころではないので、ほどほどのところで摘み取って茶を作るか風呂に入れるか。
この土地はもともとアスファルトで舗装されていてドクダミなどどこにも見えなかったのだが、一体どこに隠れていたものやら。この生命力は見習いたい。

後は、少し目を放した隙に大きく育ってしまったタンポポ二本も粛清対象から外れる。
地中深く根を張って踏ん張る姿が地中15mの鋼管杭で支えられるこの家と重なって見える。無理やり引き抜くのも何となく気が引けるというか縁起が悪いというか

posted by em at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | After Move | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持ち物整理は続く

機械物はついつい空箱を取って置いてしまう。
その心は、修理を出す時に箱がないと不便・売る時に箱がないと価値が下がる・引越しなどで運搬する時に不便…ETC

しかしよくよく考えてみればそれらはみな杞憂。
この手のガジェットは日進月歩、最新機種もあっという間に時代遅れとなるのが当たり前。買ってすぐ売るのならまだしも、何年も前に購入したCanonのプリンタに既に売り物になる程の価値が残っている筈もない。
当然メーカー保証期間も切れているので故障の際には有償修理。この手の修理代は決して安くはなく、メーカーに送る代わりに廃棄→新しいプリンタ(より高性能・よりコンパクト・より低価格)の購入となるだろう。
勿論この家から引っ越す予定もなければ運搬時の心配も無用。
どう考えても狭い物置をさらに狭くしてまで巨大な空き箱を取っておく理由はない。

という事で、我が家のささやかなロフト(物置)で一番大きな顔をしてスーツケース大のスペースを陣取っていたプリンタとスキャナの空き箱を廃棄。
これで少しだけ物置が広大に。不要物は…まだありそうだな。


posted by em at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | After Move | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

うずまきビル

建物の意匠は数あれど、毎朝向かう駅の入り口脇に立つビルのそれは一際異彩を放っている。
ていうか良く分からん。

20100705.JPG
「渦だ…うずまきだ…この街はうずまきに汚染され始めている…」

伊藤潤二の「うずまき」を地で行く異様な外壁の装飾。
オーナーはどういうつもりでこのような意匠にしたのか。
伊藤潤二のファンか。ゴッホのファンか。それとも何かの呪符か。

謎は謎のまま、人々は今日もこのうずまきに吸い寄せられるように集まっては地下鉄駅へ降りていくのであった。



posted by em at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

白違い

漆喰塗料を塗った壁、一部塗り残していたり薄過ぎて下地板が透けて見えていたりする箇所を再度上塗りする事とする。
当初取り寄せた10kg×3缶は全て使い果たしているので、新たに3kgをカラーワークスより取り寄せ。入金から発送までは中4日がデフォだというが、急いでいる旨を伝えたら週末には届くように発送を手配してくれた。
到着前に手早く準備を整え、到着と同時に開封して塗布。
…なんだこの違和感は。

同じメーカーの同じ「白土」色の筈なのに、前に塗ったのと色味が微妙に異なる。後から塗り重ねた部分はやや白味が強く、結果パッチワークのように浮き上がって見えてしまう。
これはカッコ悪いのでどうにかしたいが、色味の違いは如何ともし難く、根本的に解決するには一面全てを塗り直す他はないので諦めるしかない。

補修の際に違和感が出ないように白を選んだのだが、これは思わぬ誤算。※1
まあ染料が入った色であればもっと露骨なパッチワークになってしまったであろう事を思えば、まだマシな方であるのには違いないが。※2

________________________________________________
※1 「思わぬ誤算」という慣用表現は日本語としておかしいのではないだろうか。予め計算づくであったら誤算ではない訳で。自分で書いといて何だが。
※2 因みに初めはもっと安い他のメーカーの漆喰塗料(白)を取り寄せてみたが、これはもう完全に別色。例えるなら白熱灯と蛍光灯、「なんだか違和感」というレベルではなく、ここまで違ったら一面全部を塗りなおしでもしなければもう超カッコ悪い。今後永く家のメンテナンスを担う身としては、潟Jラーワークスの末永い商売繁盛と漆喰塗料の生産継続を祈るばかり。



posted by em at 21:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

アリよさらば

入梅前から一階にアリの姿が目立つようになった。
ちらほらっていうレベルではない。一階であればどこにいても、下を向けば常に視界の中に複数のアリの姿が目に入る状態。
勿論シンクにも多数。洗い物の時など「茶碗洗う」「アリ潰す」「コップ洗う」「アリ潰す」「皿洗う」「アリ潰す」といった具合で、しまいには自分がシンクに向かうのは皿洗いの為かアリ潰しの為か分からなくなってくる有様。
高気密住宅とはいえ、実際には木造建築など小型のアリが入り込む程度の隙間は至る所にあるのだから仕方がない。これがシロアリであったならば言うまでもなく大問題だしダンゴムシやワラジムシの類であっても問題※1。しかしアリであれば要するに自然現象であって瑕疵とはいえない。工事が終了して地表に平静が戻ったのを察知した地元のアリが元通り活動を再開しただけの事だろう。

とはいえ折角の我が家でアリとの共同生活も勘弁願いたいので、早速アリの巣コロリを買って来ると軒下と洗面台下にセット。
果たしてものの一週間で、あれほど賑やかだったアリの姿は全く見えなくなった。
うーんお見事。これぞ劇的ビフォーアフター。


________________________________________________
※1 湿気を好むこの虫が家に住み着いたのだとすれば、床下や壁中は換気通風に失敗し湿気に満たされている筈だ。

posted by em at 15:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | After Move | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

清水の舞台から排気系全交換

入居前からの懸念事項※1であった車の排気系を全交換。

・エキゾーストパイプ
・キャタライザー
・マフラー
・熱対策で全てヒートバンテージ巻き
・熱対策でリア隔壁前に断熱材貼りこみ
・マフラー位置変更に伴いバンパー再製作
・リアフェンダー隙間にワンオフのメッシュ
・球切れのついでにヘッドライト以外の灯火類を全てLED化※2

…今更10年落ちの車に軽く中古車が買えるほどのコストを掛けることなど、まともな神経では出来はしない。勝間和代ならずとも費用対効果を考えれば明白だ。
こういう出費は引越し後の「何かと物入りな」時期に、半ばどさくさ紛れと勢いで決断してしまわなければ難しい。時間が経って生活が落ち着き、日々の細かな出費と比較して熟慮すればするほど「それはないわ」という結論に容易に達してしまう類のものだ。
だから今しかない。

ほぼワンオフに近い製品なので、1ヶ月程の製作期間の後さらに実走行テスト等の為に車をショップに預け、二週間後に引き取り。
排気音は96db以下に抑えられながらも完全等長のエキゾーストパイプの恩恵で音質は素晴らしく、更に低速トルクも向上している。これは言う事なし。
バンテージとクールキーパーによる断熱効果は…正直「無いよりはマシ」という程度。これはドライバーの為というよりもエンジンルーム内※3の補機類を熱から守る意味合いの方が大きいだろう。


都心近くに住む単身者なのに自動車を所有していて更にそれにあれこれと少なからざる追い金をかけ、あろうことか一人で暮らす為の家まで建ててしまう。
勝間的には全てNGだ。正しく無駄の権化。
しかしそれは専ら資産運用(の、リスク管理)という観点から見たコスト評価に過ぎないのであって、そうではなくてQOLを高める為の投資と考えれば決して浪費ではない。実際に自分のQOLは好きな仕様で家を建てて好きな車に好きな時に乗れる生活を実現する事で確実に向上しているし、それは自分の知る限り賃貸住宅やレンタカー(或いは他の趣味)で代替できるものでは決してない。
その為のコストを「無駄」とは断ずる事は誰にも出来ないだろう。

今回の出費にしても、これで後10年は飽きずに乗れるであろう事を考えれば安上がり…
はいこれは半分は自らに言い聞かせてます。気休めです。
どう言い繕っても痛い出費には違いないのさ。
んー仕事頑張ろうっと(笑)


________________________________________________
※1 ただでさえ煩いトロフィー用マフラーを10年近く着用。経年劣化でスチールウールの隙間が空き、年々爆音度が増してくる。さらに臭い。ご近所との和と自身の健康を慮って交換の機はうかがっていた。
※2 半分はショップの代表の立て板に水のセールストークに乗っかったようなもの。一見して猫煩悩の気のいいおじさんに見える代表は実はルマンで初めて勝った日本人という凄い経歴を持つレーシングドライバーで、理路整然とした語り口(早口!)はいかにも地頭の良さを感じさせる。速いドライバーは大概頭が良く話が上手い。自らを売り込んでスポンサーを獲得しなければならないプロドライバーには高いプレゼンテーション能力が必要不可欠であるからだろう。
※3 エンジン周りの空間にエキゾーストもマフラーも全て一緒くたに収まっているので、フロントエンジン車のそれよりも熱的に苛酷な環境である事は間違いない。 



posted by em at 00:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

三たび漆喰

一週間置いて翌週末。
硬化したパテのペーパーがけから再開。
横着して一種類のパテしか用いなかったせいで※1なかなか平滑にならない。
どうせ分厚い漆喰塗料を塗るのだからとペーパーがけは程ほどで切り上げ、三ヶ月ぶりに漆喰缶の蓋を開ける。

底の方に残った漆喰塗料は幾分固くなっているもののまだ十分実用には堪える。壁塗りとロフト天井塗りに続いて三回目ともなるとさすがに慣れたもので、塗布する面積自体も小さいので塗り作業はすぐに終わってしまった…が、ペーパーがけをいい加減にやったせいで漆喰の下から白いパテが透けて見えてしまう。
これは強烈にカッコ悪い。普通なら二度塗りのところを四度五度と塗り重ねてようやく「よく見れば変」程度にまで違和感が弱まる。これ以上塗り重ねても割れやすくなるだけであまり効果はないだろう。この辺で手を打つ。

これでやっとキッチン壁作りが終了。
今回は下地処理がいい加減なのでその内に板の継ぎ目に沿って漆喰にクラックが入る可能性が少なからずあるが…そうなったらそうなったで塗り重ねればいいか。

IMG_1416.JPG
フレームキッチンなので天板の下はスカスカ

________________________________________________
※1 下地用の硬くて荒いパテ→テープ→仕上げ用の細かく柔らかいパテの順に盛るのが正しい手順である(さらに乾燥時の痩せを考慮してそれぞれ二度盛りが必要)ところを一種類のパテをべちょっと盛り付けただけの相当な手抜き作業。

posted by em at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り(キッチン壁塗り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。