2010年11月06日

Last day of the Bohemian

この社会の中で匿名である事を捨て、ボヘミアンである事を捨てて、居場所を定め根を張って名前と顔を晒して生きて行く。
男が社会に対して落とし前をつける事。
いつかはその覚悟を決めなければならない。
結婚して家庭を持つ事。子を持つ親になる事。これらは代表的な落とし前の付け方。しかし家を建てる事も一つの解だろう。

土地建物の所有者として登記簿に名前が刻まれる。
通りに向かっては表札を常に掲げ名前を晒す。
玄関前を掃いていればご近所さんと顔を合わせる。
巡査が調査にやって来る。
逃げも隠れも出来ない。
名無しの誰かさんではない自分自身として、否応なく地域の一員として社会にがっちり組み込まれて生きていく。家を建てて住むという事はその状況を甘んじて受け入れる事に他ならない※1
長き放浪の果て、家を建てる事で自分は社会に対してやっと小さな一つの落とし前をつけたのかもしれない。


*  *  *

「家が完成したところで終わる」として開始したこのブログ。
外構工事はまだ残っているものの、家本体の工事は一通り完成したのをもって「家作りブログ」としてはひとまずピリオドとする。

本当の意味での完成はまだ先だ。柵を作り直していないからだけではない。住宅ローンの完済までは本当の意味で家は完成していない。突き詰めて考えれば、借金を完済して抵当権を外すまでは「自分の家」とは言えないからだ。
「銀行の抵当から家を取り戻す」為の戦いはこれからも続く。そのベースとなるLWHでの生活は…忘却の彼方に流し去るには勿体無いほど面白く興味深いものなので、この小さな楽園で展開される終わりなき日常は場を改めて記録していく事とした。

無事にここまで辿り着けた僥倖と巡り合わせに感謝。


________________________________________________
※1 分譲でもある程度の匿名性は保たれているマンションはその点で少し心の持ちようが違う。
posted by em at 02:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

枝落とし再び

入居直後に行ったモチノキの枝落としから約半年。
生命力旺盛なこの木は切断面の脇から次々と新しい枝を繰り出し、夏が終わって気がつけば剪定前とさほど変わりないほど生い茂った枝が軒下をおびやかす程に成長している。
そこで、長雨が上がったのを見計らって今年二回目の枝落とし。
さすがに前回ほどの大物はないものの、それでも切り落とした枝葉は35Lのゴミ袋が三つ膨れ上がる程の量。半年でこれだけ成長するとは…モチノキ恐るべし。

擁壁から屹立するモチノキを剪定するには自分も上体を乗り出す必要があるが、それには下半身を預ける柵が必要不可欠。見てくれが今一の柵は撤去してしておしまいとするのもすっきりして悪くないとも考えていたが、やはりこのような実用上の理由からもしっかり作り直した方が良さそうだ。


posted by em at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ふたたびシンボルツリー考

暑い時は涼しくなった時の事を考える。
夏が終わると来春にかけてシンボルツリーの植え時。
さて何にしよう。
入居前に考えていた趣向は少し変わってきた。新居での生活が実際に始まってみると、一本の樹といえどもそうそう趣味ばかりで選んでもいられない事情が判ってきたのだ。
以下が明らかになったNG条件。

・枝が張る(植えられる面積は極小なので。道路にはみ出してもいけない)
・巨木になる(同じく)
・落葉樹(玄関前に植えるので落葉が近所迷惑になる虞がある)
・果樹(実を食べに集まった鳥の糞害が心配)
・虫や病気に弱い、乾燥に弱い(毎日面倒を見られる訳ではないので手がかかるのは駄目)

これらに合致する樹種(モミジ、ジューンベリー、ハナミズキ、ヒメシャラ、百日紅、桂、エゴノキ、ミモザ等)はまず候補から外れる。
樹勢がスリムでそこそこの大きさ、あまり実も成らず丈夫で外観が絵になる常緑樹。
該当するのはシマトネリコ、オリーブ、そしてソヨゴにアオダモあたり。
アオダモはあまり数が出回っていない。オリーブもカッコいいのは少ない。
シマトネリコとソヨゴは似ているが前者は成長が早く後者は遅い。
現時点ではソヨゴが一歩リード。

今年の夏はとりわけ長そうなので検討する時間はまだまだある。引き続きじっくり考えよう。







posted by em at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検証:夏のLWH

まだまだ猛残暑が続くが、初めての夏を過ごしたLWHについてのメモ。

・エアコンは一台で何とかなる

但し2階に設置した場合。
冷たい空気は重いので、部屋を仕切るドアのないLWHであれば階段を伝って2階の冷気が降りてきて1階もそれなりには涼しくなる。猛暑の中でも2階でエアコンが稼動していれば1階は扇風機だけでそれなりに快適に過ごす事が出来た。

・熱対策は必須

木造でしかも絶対的に容積の小さいLWHは、冷えるのも早いが暑くなるのも早い※1。そして逃げ場もない。エアコンがなければ十分死ねる。引越し前のをキャリーオーバーしたエアコンが小さい(8畳用)せいもあるが、猛暑の真昼は熱遮断効果の高いロールスクリーンを降ろしてエアコンフル稼働でも摂氏29度をキープするのがやっと。これがただのスクリーン(ただのブラインド、ただのカーテン)であれば30度超えは疑いないところ。基本的に昼間は留守だが、留守を預かる居候は程よく茹で上がるだろう。
来年は窓に断熱フィルムを装備して夏に臨みたい。

・木の床が気持ちいい

樹脂のようなワックスが掛けられた前の部屋の合板フローリングは、湿度の高い夏には熱を含んでべたつくような感じがしたものだが、この家のソリッドのフローリングは熱がこもる事もなくさらさらして心地よい。ラッカー系ワックスを施さなかったのは正解だった。夏の夜は居候と並んでたれぱんだのような体勢で木の床の気持ちよさを満喫。


________________________________________________
※1 暑さに強い家にするには暑い地域の家のように窓の数と大きさを最小限にするのが手っ取り早いのだろうが、言うまでもなくこれは日当たりや開放感とトレードオフの関係にあるのが悩ましい。

posted by em at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

家屋調査

都税事務所から一通の封筒が届く。
開封してみると「家屋調査についてのお願い」という表題で「不動産取得税及び固定資産税・都市計画税の課税標準となるべき価格を算定する為の家屋調査にお伺いしたくご連絡致しました」とある。
要するに
「お前家建てたらしいなあ。どの程度の家か覗かせてくれや。見合った税金掛けてやっから」
という訳だ。
おまけに建築済確認証だの見積書だの仕上表だのこまごまとした資料を用意して待っていろという。面倒くさい。

都合のいい日時を連絡して欲しい、とあるので書かれている連絡先に電話。
「30分程度で終わります。」
「じゃあ土曜日でどうですか。午前なら大抵大丈夫ですが」
「いや休日は無理なんですが。」
「そうですか。平日だと夜になりますがいいですか。8時以降なら何とか」
「いや平日の10時から4時の間でないと伺えないんですが。」
「いやその時間は働いてますから。」
「そこを何とか都合つけて頂いて」
「え。じゃあなんですか。こっちがそちらの都合に合わせて会社休んだり早引けしたりしないといけないんですか。」
「そういう事になりますねえ。」
仕事しろ役人

人が汗水たらして働いて得た金をピンはねしようとする人間が
こちらの都合に合わせて仕事を休んで待ってろとは何事。
有り得ない。こんな失礼なオファーは当然放置。
本当に税金を取り立てたかったらまた連絡してくる事だろう。


posted by em at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

白違い

漆喰塗料を塗った壁、一部塗り残していたり薄過ぎて下地板が透けて見えていたりする箇所を再度上塗りする事とする。
当初取り寄せた10kg×3缶は全て使い果たしているので、新たに3kgをカラーワークスより取り寄せ。入金から発送までは中4日がデフォだというが、急いでいる旨を伝えたら週末には届くように発送を手配してくれた。
到着前に手早く準備を整え、到着と同時に開封して塗布。
…なんだこの違和感は。

同じメーカーの同じ「白土」色の筈なのに、前に塗ったのと色味が微妙に異なる。後から塗り重ねた部分はやや白味が強く、結果パッチワークのように浮き上がって見えてしまう。
これはカッコ悪いのでどうにかしたいが、色味の違いは如何ともし難く、根本的に解決するには一面全てを塗り直す他はないので諦めるしかない。

補修の際に違和感が出ないように白を選んだのだが、これは思わぬ誤算。※1
まあ染料が入った色であればもっと露骨なパッチワークになってしまったであろう事を思えば、まだマシな方であるのには違いないが。※2

________________________________________________
※1 「思わぬ誤算」という慣用表現は日本語としておかしいのではないだろうか。予め計算づくであったら誤算ではない訳で。自分で書いといて何だが。
※2 因みに初めはもっと安い他のメーカーの漆喰塗料(白)を取り寄せてみたが、これはもう完全に別色。例えるなら白熱灯と蛍光灯、「なんだか違和感」というレベルではなく、ここまで違ったら一面全部を塗りなおしでもしなければもう超カッコ悪い。今後永く家のメンテナンスを担う身としては、潟Jラーワークスの末永い商売繁盛と漆喰塗料の生産継続を祈るばかり。



posted by em at 21:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

ロールスクリーン

大窓とベッドに面した窓だけロールスクリーンを取付ける。
ウッドのブラインドは確かに雰囲気はいいのだが、前に住んでいた部屋でブラインド掃除にはうんざりしている。シェードも悪くないがやはり埃は溜まる。手入れ維持の容易さを考えたらロールスクリーン一択。

採寸および取り付けは横浜の(有)岡田室内装飾に依頼。
ご夫婦でやっているこの会社、ウェブサイト製作及びSEO対策は奥さんが一手に引き受け、旦那さんは出張採寸及び取り付けを担当。ウェブサイトを開設してから商売が軌道に乗り、今ではウェブ経由の客が大半を占めるという内助の功を通り越した婦唱夫随ぶりを話好きの旦那さんが披露してくれる。※1
西向きで夏場の西日対策が肝要となる大窓にはニチベイのシルバースクリーンを選択※2。シースルーでありながら遮熱効果が高いというのが売りのこの新製品は今年3月に発売されたばかりで、岡田室内装飾にとっても我が家の取付けが初の取扱い。
ニチベイもこれには相当を力を入れているらしいのだが、問題はとにかく高価な事。それでも遮熱コーティングよりはリーズナブルではあるのだが、消費者が遮熱フィルムや遮熱コートといった日射対策と比較してくれるかどうかでこの新製品の命運は決まるだろう。※3

さすがにプロは手際よく綺麗に取り付ける。文句のない仕上がりと相成った。


________________________________________________
※1 実際SEO対策はなかなかのもので、カーテンやブラインドの取付けを考えている人の間では「こだわり岡田のインテリア工房」は結構な有名サイトだったりする。確かにネット検索で上位に出てこなければ23区内に住む自分との縁もなかっただろう。
※2 ハニカムサーモスクリーンも断熱効果が高いと評判なので選択肢に上がったが、値段の割に安っぽいとか使用するうちに折り目のところから切れてくるとかいう悪評もあり、またシースルーでもない事から選には漏れる。下ろしていても外が見える透過性はこの家では重要な要件。
※3 普通のロールスクリーンと見た目は余り変わらず、値段は軽く2倍以上。こういう見方をされてしまったら全く勝負にならない。


posted by em at 02:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

セットバック

やっと昨日からセットバック工事が始まる。
工期は三日間。
IMG_0694.JPG

新しく造成された路肩部分には排水溝が新設された。
お隣に水が流れる心配をせずに洗車が出来るのでこれは良し。
しかしセットバック部分を除くと残された地表はごく僅か。猫の額と言うか、実寸で象の額程度の面積。
実は当初想定より大きく地表部分が減っている。バックで車を収納する際の利便性を考慮して大幅にコンクリート打ち面積を増やしたから…木と車を天秤に掛ければ言うまでもなく車に傾く。
しかしこの程度の面積でも細身の木であれば植えられないこともないかも知れぬ…要検討


posted by em at 08:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

カーシェルター設置

2010040412h17.JPG
自分とバイクは引っ越したが車はまだ元の駐車場に置いたまま、4月の半分まで駐車場は借り続ける事としている。
耐候性のない車を雨ざらしにする訳にもいかないので仕方がない。車の引越しの前に風雨からしっかり守られる環境を整えてやらなくてはいけない。
規制によりガレージハウスは物理的にほぼ不可能※1であればシェルターで車を囲い込むのが当初より最低限の要件。元はと言えば車を手元に置いておくために建てた家。シェルターなくして完成は覚束ない。
という訳で4月最初の日曜日に待望のカーシェルター設置。
昼前の約束の時間にアカデミーの花島氏が到着、早速作業に入る。
2010040411h25.JPG

コンクリートにドリルで穴を開けアンカーを打ち込む。
アンカーの長さは僅か15cmほどだが、コンクリートに打設した場合一本あたり1tと十分な抵抗力があるという。しかし下がコンクリートでなくアスファルトや土であった場合は同等の強度を確保する為に深さ2mの穴を穿ち、コンクリートを流し込んだ上でまた2mのアンカーをを打ち込む必要があるらしい。表面積は相当なものになるのでそれ位やらなくては台風など来たら吹き飛ばされてしまうのかもしれない。

2010040412h37.JPG
全長は420cm、敷地のサイズに合わせて本来の480cmから60cm切り詰めたもの※2。全幅は220cm。
一人でシェルターを組上げるのは見るだに大変そうだが、鳥越俊太郎似の花畑氏はそんな様子をおくびにも出さず、サービス精神旺盛にあれこれと話しながら、しかし手は休める事なく作業を続ける。だんだん息が荒くなっていくのを見ると手伝った方がいいのかと思うが、どこをどう手伝えばいいのかも分からないので結局こちらは傍らから見ているしかない。

花畑氏は作業開始からきっかり2時間、予定時刻通りにシェルターを完成させると、鳥越俊太郎のようににこやかに去っていった。
2010040412h56.JPG

異様な風体のシェルターだが、こうして見ると銀黒のツートーンが家に合っているような。
ともあれ、これで安心して車を持ってこられる。


________________________________________________
※1 道を挟んで向こう側の擁壁の上辺から俯角30度のラインに開口部は設けられない、というかコンクリートの基礎がそれを上回らなくてならない。ポーチ部分の基礎が高さ1mにも達するのはその為。建物を思い切り土地の奥に追い込んで一階は全てガレージとする位の覚悟があれば、ガレージハウスも出来ないことはない。ただ生活空間は2階のみでバストイレを除いたら6畳一間程度になるかもね。まあ住めたもんじゃない
※2 Aセグメント車専用サイズ。要するに大抵の車は入らない(笑)
posted by em at 07:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

お引越し(真)

連日の終電帰りで荷造りが一向に進まないまま引越しの前日を迎える。
パンダのマークの引越し便が到着するのが27日、土曜日の8時。
朝一だ。気合入れていこう。

しかしその前日も結局帰宅は終電。
これは…もう寝ないで荷造りしなければ。

帰路S氏とメールで遣り取り
「今日は徹夜で荷造りです!」
「大丈夫ですか!頑張ってください!」

おう頑張るぜ!
ここまできたらもう一息!やってやるぜ!

やってやるぜ!

やるぜ!

…ぜ!

…。




ピンポーン。

はっ。


え?

何?


時計の針のあの角度は何かしら?

青い作業服のあなた達はだあれ?


…。

えええええええ。やってしまった

【教訓:身体は休まなければ持たない時は勝手に休む。持ち主の意思に関係なく


ものの見事に寝過ごした様子を察した引越し便の青年達は呆れ顔ながらも荷造りを手伝ってくれる。というか目に付くものを片っ端からダンボールに放り込んでトラックの荷台へ運ぶ。
自分ももう形振り構っていられない。半ば涙目になりながら必死に梱包。

あたふたしながらも90分程で部屋は居候と植木鉢※1を残して空っぽになり、何とか出発。

自分はバイクで家まで先回りし、とりあえず荷物を降ろすだけ降ろすと居候をピックアップしに再度部屋に戻る。
5年半住み慣れた部屋を最後に掃除し、大家に挨拶して引き上げる。
これで引越し完了。

引っ越したばかりの「家」に戻る。
前日の晩に寝過ごした分、この日は夜を徹して荷を解く作業に没頭する。

荷解きと整理は日曜も朝から晩まで続く。
合間にベッドの受領・組み立てなどを挟んで、一日かかって何とか書籍を除く※2全ての段ボールの開梱を終える。
引越しの汚れを清掃すると真新しいUBに湯を張り、疲れ切った身体を横たえる。

いい湯だな…
湯だな…
な…

…。


気がつけば、湯に漬かったまま朝まで熟睡

新居で初めて寝たのはベッドでなくて風呂でした。

________________________________________________
※1 通常便では生き物や植木類は運送の対象外。生き物は分からんでもないが、植木鉢くらい運んでくれてもいいのではないか。車を持っていない人や車に植木鉢が乗らない人は、後からレンタカーでも自腹で借りて運ぶ以外に手段はない。高い料金を取っておいてこれはないだろう。手伝ってもらって文句言うのもなんだが。
※2 特注の本棚が届くまで書籍の開梱はお預け。



posted by em at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。