2010年11月06日

Last day of the Bohemian

この社会の中で匿名である事を捨て、ボヘミアンである事を捨てて、居場所を定め根を張って名前と顔を晒して生きて行く。
男が社会に対して落とし前をつける事。
いつかはその覚悟を決めなければならない。
結婚して家庭を持つ事。子を持つ親になる事。これらは代表的な落とし前の付け方。しかし家を建てる事も一つの解だろう。

土地建物の所有者として登記簿に名前が刻まれる。
通りに向かっては表札を常に掲げ名前を晒す。
玄関前を掃いていればご近所さんと顔を合わせる。
巡査が調査にやって来る。
逃げも隠れも出来ない。
名無しの誰かさんではない自分自身として、否応なく地域の一員として社会にがっちり組み込まれて生きていく。家を建てて住むという事はその状況を甘んじて受け入れる事に他ならない※1
長き放浪の果て、家を建てる事で自分は社会に対してやっと小さな一つの落とし前をつけたのかもしれない。


*  *  *

「家が完成したところで終わる」として開始したこのブログ。
外構工事はまだ残っているものの、家本体の工事は一通り完成したのをもって「家作りブログ」としてはひとまずピリオドとする。

本当の意味での完成はまだ先だ。柵を作り直していないからだけではない。住宅ローンの完済までは本当の意味で家は完成していない。突き詰めて考えれば、借金を完済して抵当権を外すまでは「自分の家」とは言えないからだ。
「銀行の抵当から家を取り戻す」為の戦いはこれからも続く。そのベースとなるLWHでの生活は…忘却の彼方に流し去るには勿体無いほど面白く興味深いものなので、この小さな楽園で展開される終わりなき日常は場を改めて記録していく事とした。

無事にここまで辿り着けた僥倖と巡り合わせに感謝。


________________________________________________
※1 分譲でもある程度の匿名性は保たれているマンションはその点で少し心の持ちようが違う。
posted by em at 02:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
改めて 区切り となると寂しいけれど、「落とし前」っていうのも、いいですね。

一読者として、楽しませていただきました。
引き続き、新しい場所で、クールなネタを・・いや、話を
楽しませていただきます!

ところで

このブログは、残っているんですよね?
Posted by S at 2010年11月06日 09:47
はい残しておきます。

区切り…ですね。続きではネタの対象が日常全般になるので少しカジュアルな方向に振れるかもしれませんが、基本的には家がらみのブログである事に変わりはありません。

Posted by em at 2010年11月06日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168428502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。