2010年09月01日

ヤマギワリビナ閉店

先週末、8月最後の週末をもって山際リビナが閉店。

IMG_2165.JPG

ここには学生の頃から何度となく足を運んだ。実際に購入に至る機会は滅多にあるものではなかったが、ウィンドウショッピングだけでも十分満足できたものだ。この家の為には…ソファに仕込むLEDバーライトを購入した位。

閉店の前日に訪れたらさすがに展示棚に空白が目立ち、残る展示品の多くにも売約済みの札が貼り付けられている※1。今後はウェブストアで販売を継続するとの事だが、先行きは明るくないだろう。ウェブサイトの画面だけで50万円のテーブルや100万円のテーブルの購入に踏み切れるものだろうか。木の構造体を積み上げた建築のようなフランク・ロイド・ライトの照明の迫力は平板なウェブサイトで伝わるのだろうか。古株の店員の思い入れたっぷりの熱のこもった説明がウェブ上のわずかな文字数で伝えられるのだろうか。

家具など実際に現物を見て触れて確認しない事には到底大枚を叩けるものではない。ここは輸入家電にデザイナーものの家具や照明の現物を纏めて気軽に※2確認出来る都内でも貴重なスペースであっただけに、閉店はやはり残念。今後は家具や家電や照明はそれぞれ違う店に足を運ばなければ現物を確かめる事が出来なくなるのだろう。秋葉原に来る事ももうあるまい…


________________________________________________
※1 GEの超大型冷蔵庫やら大型ワインセラーやらが一つ残らず売約済なのには吃驚。値段も凄いがサイズも凄い。棺桶二つを並べて立てたほどのサイズはそんじょそこらのキッチンでは到底収まらない。それが全て売約済み。いやーお金持ちというのはいるもんだ。
※2 「気軽に」というのが貴重だったのだ。例えば大塚家具でも輸入家具は見る事が出来るが、販売員の付き添いが原則。それはそれで真面目に顧客サービスに取り組んでいる姿勢といえるが、「ちょっと目の肥やしに立ち寄りましたー」などと言える雰囲気ではない。ふらりと訪れてポルトローナフラウを撫でたり摩ったりしても放置しておいてもらえる店などそうそうあるものではない。





posted by em at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。