2010年08月03日

New Comers

昨秋の地鎮祭の頃に前地主が引き払い、その後ずっと空き家となっていた隣家にいつの間にやら新しい住人が住み着いた模様。
隣に建てられたLWHの実に8倍もの床面積を持つその屋敷は複数の不動産業者がオープンハウスを繰り返していたもののなかなか売れず、2000万円(!)値下げして再売出しするもなお売れず、現在はフロア別に賃貸物件として借り手を募集している※1
その中で地階を占有しているらしい一家は店子なのか実はオーナーなのか。まだ顔も合わせていないので判然としないが、いずれにせよいつまでも空き家では何かと不都合も多かろう※2から、まずはめでたしか。
車の音などに余り神経質でない一家であればいいんだけどねー


________________________________________________
※1 賃貸と言えども相当な高額物件。店子が全て入れば利回りは7%超、なかなかだ
※2 蓋然性は低いものの、一番恐れていたのは「業を煮やした管理会社が建物を取り壊して更地にしてしまう」事態。地階まであるRCの建造物を取り壊すのは生半可な作業ではない。その衝撃と震動が隣に経つ我が家にも何らかの悪影響(塗り壁にひびが入る程度の損害は普通に有り得る)を及ぼしたであろう可能性は決して低くない。





posted by em at 22:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | After Move | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜 お隣、、そうゆう動きになりましたか。。

とりあえず入居者があっただけ しばらくは解体される事はないですね。

あれを解体するには相応の金が掛るので、持ち主としては、頭い痛い「物件」が、、、Mさんにとって吉と出るか・・・?

あっ・・ emさん。 S と M の組み合わせは気にはなってたんですけどね(笑)
Posted by S at 2010年08月03日 23:02
確かに大赤字覚悟でなければ解体という選択肢はない筈ですね。地階は擁壁を切り欠いて窓にしているので更地にするなら擁壁もやり直しですし。

今の建物も四捨五入で築40年になりますからいつまで持たせるつもりか微妙ですが…
Posted by em at 2010年08月04日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。