2010年11月06日

Last day of the Bohemian

この社会の中で匿名である事を捨て、ボヘミアンである事を捨てて、居場所を定め根を張って名前と顔を晒して生きて行く。
男が社会に対して落とし前をつける事。
いつかはその覚悟を決めなければならない。
結婚して家庭を持つ事。子を持つ親になる事。これらは代表的な落とし前の付け方。しかし家を建てる事も一つの解だろう。

土地建物の所有者として登記簿に名前が刻まれる。
通りに向かっては表札を常に掲げ名前を晒す。
玄関前を掃いていればご近所さんと顔を合わせる。
巡査が調査にやって来る。
逃げも隠れも出来ない。
名無しの誰かさんではない自分自身として、否応なく地域の一員として社会にがっちり組み込まれて生きていく。家を建てて住むという事はその状況を甘んじて受け入れる事に他ならない※1
長き放浪の果て、家を建てる事で自分は社会に対してやっと小さな一つの落とし前をつけたのかもしれない。


*  *  *

「家が完成したところで終わる」として開始したこのブログ。
外構工事はまだ残っているものの、家本体の工事は一通り完成したのをもって「家作りブログ」としてはひとまずピリオドとする。

本当の意味での完成はまだ先だ。柵を作り直していないからだけではない。住宅ローンの完済までは本当の意味で家は完成していない。突き詰めて考えれば、借金を完済して抵当権を外すまでは「自分の家」とは言えないからだ。
「銀行の抵当から家を取り戻す」為の戦いはこれからも続く。そのベースとなるLWHでの生活は…忘却の彼方に流し去るには勿体無いほど面白く興味深いものなので、この小さな楽園で展開される終わりなき日常は場を改めて記録していく事とした。

無事にここまで辿り着けた僥倖と巡り合わせに感謝。


________________________________________________
※1 分譲でもある程度の匿名性は保たれているマンションはその点で少し心の持ちようが違う。
posted by em at 02:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

広げた風呂敷の畳み方

このブログを始めてから1年と7ヶ月が経過。
最初のエントリで書いた通り、このブログは家が完成するまでの記録簿として始めたもの。
外構を除けば家作りの工程をほぼ全て完了した今となってはその役目を終えつつある。エンドロールは間近だ。
しかしただ終わるのも何なので…次なる展開を思案中。


それはともかく相変わらず仕事が酷い。帰宅して自炊して一息つくともうこんな時間。自炊してる場合じゃない。職場は最早チキンレースと化したプロジェクトを巡り、ユーザとITとコンサルとベンダーが相食みながら連日連夜休日返上の泥沼の真っ只中にある。未だ誰も心身に異常をきたしていないのは奇跡的だが…まあ過去の経験から言えばそれも時間の問題だろう。
この深刻にストレスフルな状況では、帰宅して夜を過ごす家が何より貴重なストレス解消空間となっている。毎晩帰宅するのを心待ちに仕事をしているというのも変な話だが。


posted by em at 03:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。