2010年03月31日

アルカリミスト

引渡しを終え最後まで残っていたS氏もやがてスクーターで帰路に着く。
見送って部屋に戻る。
さてと。
で、おもむろに養生を開始
二回にわたる週末で手をつけていなかった天井の一部、ロフト床天井と洗面脱衣の天井は剥き出しのベニヤ。他の天井表し合板は木目が絵になるが、クリーム色のベニヤではそれも目立たない。
当初は久米蔵色にでも着色して木目を出そうと考えていたが、やはりベニヤはベニヤ、浮き立たせて絵になるほどの木目もない。
ならば塗ってしまえ。
という事で一部天井も漆喰塗りとすることとする。

三回目ともなるとさすがに慣れてきて手際よく準備が進み、いざ塗装。
ローラーを当てる。
粘度の高い漆喰塗料がメリメリと天井の板に食いつく音に、何やら炭酸水の様な音が混ざる。
不思議に思い近づいてみると…塗りつけられた塗料が空気を放出する際に発生する音である事が分かる。炭酸水のような音はミクロなレベルで塗料がプチプチ弾けている音が重なって注いだ炭酸水のように聞こえるのだ。
弾ける。という事は、飛び散る。
微細ながら無数に飛び散る漆喰塗料(ph13)。
頭上から降りかかる無数の漆喰のミスト(ph13)。
上を向いて塗る顔面にも容赦なく降りかかる無数の漆喰ミスト(ph13)。

ゴーグルしていてよかった。
顔はやばいよボディボディじゃないが、さすがに目は洒落にならない。

こんな感じで3月の三連休の大半は残作業の天井塗りに費やされる。

posted by em at 08:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り(天井塗り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

The adventure still keeps on going

さてまだ続くこのブログ。
引渡しで終わりじゃない?
終わりではない。
理由は最初のエントリ(ああ遠い昔のような)で書いたとおり。
『家を建てようと思い至るところから始まり、家が完成したところで終わる。』
まだ完成していない。ゆえにまだ終わらない。※1

本当に家が完成の目を見るまでにはまだまだクリアすべきタスクが山積。
三連休にも関わらず更新が滞っていたのも、その暇が無いほど残作業に明け暮れていた為だったりする。
とりあえずこの三連休は主に以下三本立てで。

・アルカリの雨が降る
・倒れるぞー!
・まあ美味しそうな匂い


何だこりゃ(笑)


________________________________________________
※1 引渡しが済んだのにまだ完成していないとは穏やかでないが、別に幹建設に非はない。これもひとえに予算削減の為、普通では見積もりに含まれるべき作業の相当分を敢えて見積もりから外している為だ。

posted by em at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引渡し

三連休の初日、三月二十日に引渡し。
待ちに待ったというよりも、少し前からこの日を迎えるのは楽しみなような名残惜しいような気持ちを抱えていた。
訪れる毎に少しずつ出来上がっていく家。現在進行形の姿を見るのが週末の楽しみだった。
しかしどんな事でも始まりがあれば終わりが来るもので、身勝手な施主の思惑に関わりなくやがて家の成長は止まり、とうとうこの日がやって来た。

指定された午後、太陽が快晴の空の西に傾きかける頃になって現場に赴くと、そこは久しぶりに賑やかな雰囲気。
S氏を始めその他初見の作業服の方々が既に到着している。
外構のセメントは最後の仕上げ中で職人さんが鏝で丁寧にならしている。高基礎仕上げのモルタルはまだ乾いておらず湿った濃い色合いを残している。
本当に出来たてなのだ。

クリーニングされた室内は養生が綺麗に取り去られ、ウォルナットの床が初めてその全容を現している。思惑通り、この濃色は壁の漆喰の白としっくり合う。
この漆喰の白はいいね。この色はね※1
セットされたポストも玄関モニタも初見のもの。
モルタルで綺麗に化粧されたポーチや高基礎、希望通り白モルタルで仕上げられた玄関も初見。
ここ五ヶ月ほどは毎週のように現場に訪れてはいるものの、家としての完成型をみるのはさすがにこの日が始めて。
だが、想像以上にいい家に仕上がっているのを目の当たりにして思わず満足の笑みがこぼれる。
自分だけではない。みんなが笑ってる。
お日さまも笑ってる。
ルールルルルッルー

程なくしてスーツに身を包んだU社長に棟梁S氏、若監督K氏も到着。
面子が揃ったところで※2住宅設備の説明から開始※3
水栓、トイレ、給湯、ガストップ、ガス栓、分電板、電気メーター、各種スイッチ、玄関モニター、24時間換気システム。
水道・ガス担当と電気担当のお二方が入れ替わりたちかわりで説明。
何れも礼儀正しく自己紹介から始まり、
「…詳しくはこの説明書をご覧になって下さい」
で締めるのが面白い。

一通りの説明が終わると社長からいよいよ鍵の引渡し。
三週間ぶりに見ると髪型がさっぱりした棟梁S氏は最後にほんの少しだけの追加工事をその場で手早く片付ける。
彼は明日からまた次の現場に入るという。
そしてまたしても一人現場と。
「ええと次は神奈川でしたか。」
「いえ、千葉です。」
…それは本当にお疲れ様です※4

皆一様に「やり終えた」という安堵感を顔に浮かべる柔らかな空気の中、時間は緩やかに流れる。
やがて一人去り二人去り、最後にS氏と自分だけが残った。

西日が低く差し込む二階で向かい合って何を話したのか…夢の中の事のようによく思い出せない。

201003201608bs.JPG


幹建設U社長:内田社長、現場監督K氏:金子さん、棟梁S氏:鈴木さん、若監督K氏:草野さん、
そしてS氏:志田建築設計事務所の志田さん。
その他この家の為に関わった多くの方々。
いい家を、気持ちのいい空間を有難うございます。
この家は、自分の宝物です。



終わり まだ終わらない!


________________________________________________
※1 表面の滑らかさについてはあくまでノーコメントの方向で。
※2 監督K氏はなぜか姿を見せず。おーい
※3 初見の作業服の方々はこの為に設備会社からいらっしゃった…のだと思う(違っていたら失礼)。最後までこの辺のシステムはよく分からない。
※4 棟梁S氏の車は八王子ナンバー。

posted by em at 04:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

壁塗り(3)

始終冷たい雨が降り続いた最初の週末とはうってかわって翌週末は気持ちのいい青空。
バイクで乗りつけた現場では最後の外構工事、駐車スペースのコンクリート打ち準備が行われている。
IMG_0484.JPG

職人さんに挨拶して中に入ると早速続きの開始。
養生やペーパーがけをほぼ全て終えていた事もあり、この二日間はひたすら塗装作業に専念。漆喰ペイントの扱いに慣れてきた事も手伝っていいペースで作業が進む。

最後の日は少し遊びを入れる余裕すら出てくる。

左官屋はそのテクニックで漆喰の表面に鏝で見事な模様をつけたりするが、ローラーで塗る場合は表面はフラットにしかなりようがない。しかし技量に拙る自分がやった場合はそれでも消しきれないローラー跡が表面に残りなかなか壁紙のように綺麗には仕上がらない。
これを逆手にとって少し遊んでみる。
名づけて「縁起のいい右肩上がりの壁」
手順は、ローラーを左下から右上に動かす。以上。
何の意味があるか。意味など無い※1

壁を塗る工程では文字通り部屋の隅から隅までをつぶさに観察する事となり、また脚立の上からは普通に暮らしていたのではまず見る事のないアングルで部屋を眺める事が出来る。これは家の構造を理解する助けにもなり(施工チェックにもなる?)非常に面白い。
ハードで単調できつい事この上ないが、お陰で最後まで退屈知らずで作業を終える事が出来た※2

IMG_0512.JPG


漆喰でも珪藻土でもペンキでも何でもいいが、塗り壁を考えておられる方は例え一部屋分だけでも是非自らやって見る事をお勧めする※3。大変さと引き換えに得られる楽しさは間違いなくある。表面のむらや残った刷毛やローラーの跡も自分がやったのであれば逆にいい味に思えてくるから面白い。一言で言えば愛着と言うやつだ。


________________________________________________
※1 縁起物に意味など求めてはいけない。
※2 とか言いながらまだ塗り残しが一部あったりする。引渡し後にもう一塗り。
※3 時間と体力に余裕があれば。あと高所での作業は避けられないので片足では5秒と立っていられないほど平衡感覚が鈍い方にはお勧めできない。手袋が大嫌いな人は珪藻土にしておきましょう。あれなら中性なので素手でも安全


posted by em at 13:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り(壁塗り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁塗り(2)

土日二回にまたがって行った壁塗り、最初の二日は思うように進捗しなかった。
特に初日は文字通りの悪戦苦闘。
主な理由としては準備不足。
何しろ現場にいた若監督のK氏とまるで会話が噛み合わない。

「ゴーグルとか、持って来てますか」

「えっ」

「えっ」

「…」

「手袋とか…ありますよね」

「えっ」

「えっ」

「…マスク」

「えっ」

「えっ」

「…」

「いや…必要ですよ」

ダメだこいつ…早くなんとかしないと」という顔で帰っていった若監督を見送りながらもしかして自分はとてつもない迂闊くんなのではないかとの疑念が心に芽生えはじめるが、気を取り直して作業を開始。

自分が使用するのは初めから液体に加工された漆喰ペイント。なのでゴーグルもマスクも必要ないだろうとの甘い予測は塗装前のペーパーがけ作業で早くも覆される。
180番のペーパーで面白いように落ちるパテはまた面白いように空気中に漂い、1Fの狭い室内はたちまちもうもうたる粉塵で満たされる。
辛抱たまらず二階にビバーク。※1
こんな調子でやっているので一向にペースが上がらない。

更にまずいのが素手での作業。
漆喰の主成分である消石灰のph値は12-13、漂白剤やカビとり剤に匹敵する強アルカリ性。
そんな代物を初日は素手で扱っていたのだから無知とは恐ろしい。
当然ただで済むわけはなく、作業の最中から感じ始めた違和感はその後何日間かは手全体を覆うぴりぴりとした痛みに変わり、作業から2週間たった今なお違和感は持続していたりする。頼んでもいないのに一皮むけた男にしてくれるとは、恐るべし消石灰の天然ピーリング※2

IMG_0450.JPG

準備不足に加え雨で冷え込んだせいもあり※3、最初の二日は捗々しくないまま終わる。
平日は終電で休日も終電。体力的にも疲労のピークとなっていたのがこの頃。


________________________________________________
※1 気分は八甲田山、寒い腹減った視界がきかない、これで眠かったら凍死だなと
※2 アルカリは蛋白質を溶かす。
※3 現場までは電車で行き来しなくてはならない、即ち終電時間までしか作業できない。



posted by em at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り(壁塗り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

壁塗り(1)

既に大工工事は終了している。
週末二回かけて自分が壁を塗り、合間の平日に業者が入りシンクやトイレなどの備品を取り付け外構のコンクリートを打ち、最後にクリーニングを行ってから引渡しというスケジュール。
銀行から直行した現場に待機していた若監督のK氏※1が工事用電源や鍵位置の説明を終えると程なく引き上げると、がらんとした人気のない現場が残った。
さてと…
IMG_0440.JPG

まずは養生。
床の養生は工事の時に貼られていたものがほぼそのまま使えるが、壁の養生はない。
梁や窓枠などの塗料がついてはいけない箇所を念入りに養生テープを貼り付けながら…天井に沿って家の中をくまなく一周。現場に残された脚立を借用して作業にあたる。
次は壁のペーパーがけ。
壁として張られた合板には継ぎ目や釘穴が至る所にあり、それを消す為のパテ埋めは追加工事として行って貰ったのだがその表面はあくまで荒く、至る所にバリやパテの塊が貼り付いている。塗装前にこれを落とし滑らかにしなくてはいけない。
近所の金物屋から紙やすりを買ってきてペーパーがけを開始。
全ての壁を上から下まで撫でながらペーパーがけ。壁沿いにまた家の中を一周。
立ち込めるパテの粉塵に窒息しそうになりながらなんとか終了。

この塗装前の処理で最初の土日の時間と体力の大半を費やす※2。予定していた1Fの二度塗りは終電まで粘っても完遂せず、3割ほどの塗装は翌週回しとなってしまった。


_______________________________
※1 現場監督はK氏。しかしよく現場によくいるのはもう一人の若い監督。こちらもイニシャルはKになるので便宜上若監督のK氏とする。
※2 ジジイだったら挫折しているレベル。小さい家だったのが不幸中の幸い。


posted by em at 07:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り(壁塗り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

第二回融資契約

三月最初の週末。
朝一で家を出ると、冷たい雨が降りしきる中※1、まだ人通りもまばらな街を抜けて銀行のある新宿へ向かう。
銀行には指定時間きっかりに到着。すぐに担当者が出てきて契約手続きに入る。
銀行へはほぼ一年ぶり。融資担当者に合うのもほぼ一年ぶり。
前回は土地購入資金の融資契約で、この時は平日午後から手続きを開始した上に当日中に資金の振込みまで完了しなくてはならなかった為、いささか緊迫した雰囲気の中矢継ぎ早に説明と署名押印を終えたものだ。
今回の工務店への建築代金振込み日はずっと後日※2となるので時間的には十分余裕がある。二回目の気安さも手伝って、休日らしく比較的イージーな雰囲気の中手続きが進められる。
IMG_0429b.jpg

金銭消費貸借契約書、重要事項説明書、優遇金利に関する確認書、個人情報の取り扱いに関する同意書、
まだ書き慣れない新住所を書き取り練習帳のように記して署名捺印し、正午頃には全て手続き終了。

これで資金面はやっとオールクリア。紆余曲折ありながらもようやくここまで漕ぎ着けた。
今度こそは安心できる。

だが引き渡しの前に最後の工事が控えている。自分で行う壁塗りだ。
雨足が強まる中、白い息を吐きながらそのまま現場へと向かう。


________________________________________________
※1 雨男ぶりは健在。
※2 引渡し日の前日。


posted by em at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 金策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

最後の現場見舞い

2月最後の週末。
とうとう階段が出来る。

IMG_0381.JPG

12段の階段は高さが絶妙。
居住空間としては完全にデッドスペースとなる階段の扱いは結構難しいもので、スペース効率を追及すれば階段はどんどん急勾配になり、しまいには池田屋の階段のようになってしまう。誰に斬られなくてもそのうち勝手に足を踏み外して転げ落ち、頭を打って池田屋の階段から天国への階段にレベルアップすることだろう。
逆に一段一段を低く広く取れば安全で昇り降りは楽なのに違いないが、だが、それに要する広大なデッドスペースは小さな家には致命的。階段をメインに設計した家です!いやそんなもん誰も要らん。足腰が立たない程の年寄りなら喜ぶかもしれないが…するとそれもある意味天国への階段か。
その点この階段は高すぎず低すぎず、意識せずすっと足を上げてつっかえずに踏み上がるぎりぎりの高さと中型のソファが何とか通過出来る幅に寸法を抑えている。一目いや一足で気に入った。
S氏苦心の作は会心の作。


間もなく棟梁S氏の大工仕事は全て完了。
少なくとも自分が「建築現場」を訪れるのはこれが最後になる。
この冬を通して毎日現場に通いつめ、3ヶ月かけてたった一人で家を作り上げたのがこのS氏。
素晴らしい仕事を有難うございました。今後とも宜しくお願いします。※1

10月末日の地鎮祭以降、毎週末欠かさずに行っていた現場見舞い※2もこの日が最後。
来週からは施工者として、最後は家主としてここを訪れる事になる。
その時ここはもう「現場」ではない。



________________________________________________
※1 家はメンテナンスしながら長く使い続けるもので、家の事は建てた人間が一番良く知っている。有難うございましたはいさようならという付き合いでは当然ない。
※2 11月から丸4ヶ月。何回かは見に行かなければなんて言ってたのが結果として皆勤賞。我ながらよく続いたものだ。


posted by em at 07:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

雛祭りにお引越し

建物部分の二回目の融資契約を間近に控え、半休を取得して一足早く書面上の引越し※1を行う。
まず自宅近くの区民館で転出届を提出し転出証明書を取得。一旦帰宅するとドライバーとモンキーレンチを持って駐車場へ。
バイクから黄色いナンバープレートを外すと転出証明書と共に鞄に収め、引越し後の区役所へ直行。

初めて訪れた区役所はiPhoneのフレームには到底収まらない大きさ。
無駄にゴージャス。
IMG_0408.JPG
郷里の県庁より立派だったりする

転入届と転出証明書を併せて提出すると同時に実印登録手続きを行う。
すぐに融資契約に必要な新住所での住民票と印鑑証明書を複数枚購入すると別フロアに移動、バイクの登録移転手続き※2
取り外して持参したナンバープレートに標識交付証明書を乗せて提出すると、その場で真新しいナンバープレートが交付される。
発行手数料は無料。

文字にするとすぐに終わったかのように見えるこの手続き、実際には午前中いっぱいかかってやっと完了。
平成22年の3月3日より(登録上は)入居。ゾロ目で何か景気いいぞ。
こうなったら車のナンバーもゾロ目の日に登録して見るか。
4月4日…日曜か。5月5日…祝日じゃん。6がいやそこまですることもないだろ


________________________________________________
※1 新しい家の住所で住宅ローン契約を結べば住宅家屋証明書の取得が可能で住宅家屋証明書があれば登録免許税の減免措置を受けられる、即ち登記費用および抵当権設置費用が割安となる。また現住所で契約した場合は引越し後に住所変更手続きを行わなくてはならないが、契約前に新居に住所変更しておけばこの手間と手数料も発生しない。勿論厳密に言えば未だ入居していない家に引っ越しましたと言って届出を行うのは虚偽申請になるのだが…ま堅いこと言うなよ。
※2 道路交通法上の区分は小型二輪だが税制上の区分は原付二種なので区役所でナンバーを管理する。



posted by em at 03:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ネットワーク移行完了

地方への普及がなかなか進まない高速モバイル通信WiMax、
そのメリットを享受できる数少ない地域に住む身であれば利用しない手はない。

というわけで申し込んでいたUQWimaxゲートウェイ機器一式が到着。
家の中でも使用場所によっては受信感度が悪いこともあるかと思い、本体を窓際に置いて室内では無線LANとして使用できるタイプを購入。
家の中で使うのにUSBに受信器挿すのも面倒と言うか邪魔だし。

噂に違わず、何をインストールする必要もなくあっさりと設定完了。
現在の部屋での受信感度は良好。
通信速度の快調さは想像以上で、光でなくてもこれで十分ではと思わせるほど。
23区辺縁部でこれであれば、都心部に近い新居では更に期待できる…筈※1

後は…これまで使用していた光回線の解約手続きを行い、ルータを返却すればネットワークの引越し準備は完了。
引越し後は増設設定した上で適当な中古ノートを購入し、DKでのネットサーフ専用機としてDテーブルに置いておく予定※2


________________________________________________
※1 しかし都心のど真ん中でも感度が極端に悪化するスポットがエアポケットのように散在したりするから無線通信は油断できない。
※2 ノートと言えど、一台しかないPCを持っていちいち階段を昇り降りするのはやはり面倒くさい。


posted by em at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。