2009年11月29日

根伐り

先週は杭打ち位置変更による構造変更の届出。
承認まで工事中断…と思っていたら
「現場は進行しています。根伐り(基礎を作るための穴掘り)まで進んでいます」
とS氏より連絡。
これは嬉しい見込み違い。早速見に行かねば。

次の週末に現場を訪れるとそこはコンクリートの海。
根伐りから捨てコン打ちとその上の防湿シート張りまで工事が進んでいる。
20091128s.JPG

15mの深さまでモリモリ打ち込まれた鋼管杭が顔を覗かせる。
家の自重はこれら6本の杭で受ける構造となる。
20091128s2.JPG

資料によると捨てコン層は60mm、防湿シートは0.15mm厚。素人目にはシートが破れてしまわないか心配になるが特に問題はなさそう。野良猫が侵入して爪とぎでもしない限りは大丈夫だろう。
コンクリートという言葉から連想されるより表面は滑らかでクリーミー、いかにも生コンといった風情でまだ乾燥しきっていない様子。泥を落とさないように注意して淵を歩く。

手前が地中障害物により工事中断を余儀なくされた問題の杭。奥の杭と比較すると右側にオフセットして打ち込まれているのが分かる。
こんなもんで済んでよかったよ本当に
20091128s3.JPG


そしてこの日も現場の方々との邂逅はなし。挨拶もせずに写真ばかり撮って帰る施主というのも感じ悪いな。
きっと現場に行く時間が遅いのだろう…次回からは早起きして午前中に行くようにしなくては。金曜日までで体力を使い果たすような日々では土曜日の早起きというのもこれがまた結構きついのだが…


posted by em at 17:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

追加融資承認

週末に銀行のローン担当者から建築費部分の追加融資承認の連絡が入る。
希望額どおりの満額回答を引き出すのも難しいご時世だが、支払いの目処が立ってまずは一安心。最後に団信の診査があるが、これでNGとなる事はまずない。
元金に適用される金利は貸付日、即ち引渡し日時点のもの。年明け以降の金利の引き上げが気になるところ。


posted by em at 16:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

喘息前進

杭工事二日目。
再度S氏より連絡が入る。
残り四本の杭の打ち込みが恙無く終わり、問題の一箇所も50cmほど位置をずらせば問題なく打ち込める事が判明したという。
追加費用についても当初の見込みより抑えられそうな見込み。
影響を最低限に抑えるべくS氏や現場監督K氏を初めとした関係者が奔走してくれている姿に頭が下がる。

想定していた最悪のケースに比べればずっと軽症だ。
ならば施主としては前進あるのみ。前へ。


構造再計算と再申請に要する期間は2週間前後、この間工事は中断する。


posted by em at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地中15mの支持層にまで6本の鋼管杭を打ち込む工事が二日に分けて行われる。何れも平日なので自ら現場を確認には行けないが、初日はS氏が立ち会う事となっている。

仕事が終わり帰路メールを確認すると、受信箱にS氏からのメールが一通。
件名「杭の件で」
不穏なにおいのする件名に嫌な予感がする。
予感は的中、開いたメールは着工早々のトラブルの発生を伝えるものだった。

二本目に打ち込んだ杭が地中で障害物に突き当たり、当日の予定を切り上げて工事を中断。
別の場所に杭を打ち直さなくてはいけないので再度の地盤調査と杭を含めた基礎の構造計算と再度の申請が改めて必要になる見込み。延長となった工事の割増料金、構造計算費、基礎の割増料金と合わせて相当の追加費用が発生する可能性があるという。


着工早々に追加費用が発生。
しかもこれで済む保証はどこにもない。
まだ手付かずの杭が後四本ある。もしそれら全てに同様の障害が発生したらどうなる。その都度再調査・再設計・再申請に工期延期となれば追加費用は青天井、工期スケジュールも何もあったもんじゃない。

いわば不可抗力であり誰に落ち度がある訳ではないのだが、こうも簡単に追加費用が発生すると最悪デフォルトの可能性が頭をよぎる。事と次第によっては着工を遅らせてでも再度資金繰りを考える必要があるのではないか。「サグラダファミリア式」が冗談では済まなくなるかもしれない。

S氏への返信はご機嫌な内容とは言い難いものだった※1
見たくないメール、書きたくないメール。


________________________________________________
※1 S氏に文句を言っても仕方がないのだが。


posted by em at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

支給品メモ

備忘録。

@UB
Aキッチンシンク
Bシンク水栓
Cガストップ
D電動吊戸棚
E床材


以上が大物支給品。
納期にもそれなりの時間を必要とするので、丁度いい日程で納品されるようスケジュールの調整が必要。
早すぎても保管の手間が発生してしまうし遅すぎれば作業の進捗が滞る。

再選定となった床材は…問い合わせを無視する店は見切って(どうしたんだろうねえ一体)別の木材店より調達とする。
初志貫徹でウォルナット。白い塗り壁に合うのはやはり濃色系。
幸い予算内で収まりそうな商品が幾つか見つかったので結果オーライ。
古材フローリングも面白そうなのが幾つかあり改めて検討したが…ペーパーがけをしなければならないのと予算面(希少品なのでかなり高価)で折り合わず断念。


F洗面ミラー
Gタオルバー(シェルフ)
Hソープディッシュ
Iトイレットペーパーホルダー


この辺の細々とした物をあれこれ眺めて検討するのはかなり楽しい作業だ。
選択肢が無数にある上に納期も即納、結局は小物なのでいざとなればどうにでもなるという手頃感も手伝って安心して迷える。

番外
Iスイッチプレート

新築でいきなり輸入品を使用するのは困難との事なので、これは入居後自分で交換。これもささやかな楽しみ。




posted by em at 01:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

空振り

熱が下がって二日がインフル全治の目安とい。土曜日は三日目なのでもういいだろうと判断して現場に足を運んでみる。いるかな…

…誰もいない。
到着が夕刻では遅かったか、本日の作業は既に終了のようだ。
或いは午前中雨だったから休みとなったのか。
現場も仮設トイレが設置され、邪魔な枝が少しだけ切られている他は先週の日曜日に訪れた時と余り変わりがない様子。
本格的な工事は来週の杭打ち(鋼管杭×6)から始まるのだろう。


帰路横切る神田川の夕景。W-ZERO3esの描画力は…まあ携帯カメラに多くを求めてはいけない。
091114-164913b.JPG

午前中は雨が降り、午後は生暖かい湿った風が吹く秋らしくない一日でした。


posted by em at 02:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

床材再検討?

今月無事着工したので、こちらより至急予定の部材について再度確認する。
大物のUBシンクについては、前回見積もりを取った営業担当者に納期を再確認。納期はともに約1ヶ月程とのこと。

問題は床材で、以前見積もりをとった床材が店のHPから消えている。
代替品と見られる床材は以前のものから7割近くも値段が上がっている。これでは完全に予算オーバーなので、以前の商品の再入荷予定の有無を店に確認するが回答はない。
目当ての木材の再入荷はないと想定すると、急ぎ床材を再検討しなくてはならない。
さてどうするか。材木業界は問い合わせに対するレスポンスが余り良くないのが常※1なので、時間がない時には少々焦る。

________________________________________________
※1 とはいえ、早いところは早い。店により対応にかなり幅が出るのがこの業界。ちなみに件の業者は最後まで回答を寄越さず。

posted by em at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows7

今夏のPC更新時に購入したWindows Vista。
購入したのが後継のWindows 7発売間近の時期とあって、7への無償アップグレード権が付属していた。
それを行使して待つこと2ヶ月、アップグレード版のWindows7が到着。
忙しくてしばらくそのままにしておいたが、この休みを利用してインストールしてみる。70分程かけてインストール完了…



…。

なんだこりゃ。
Win7をインストールしたPCは外付けドライブ内のファイルを全く認識しなくなってしまった。
初めから認識しないのならまだ分かりやすいが、起動してしばらくは問題なく認識し読み込めるのが、時間が経つうちに認識しなくなる。ファイルをコピーしていたらコピー中に認識しなくなるという。
何このアナログな不具合。
各種設定をあれこれいじって見ても回復せず、WEBで調べても回答が見当たらない。

結局諦めてVistaを再度インストール。
20時間以上を費やして結局Vista環境からこれまでインストールしたアプリを全削除して設定を真っ白に戻しただけという。
丸一日かけて三歩後退。こういう徒労が一番腹立たしいね。


えーと誰か要りませんかこの使えないOS(笑)




posted by em at 12:39| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

華麗にフルー

Tamiflu75.JPG

週明けの月曜日、どうも朝から体調が優れないと思ったらいきなり高熱を発する。
翌火曜日は幾分落ち着いたものの、通報を受けた人事部から強制的に受診を命ぜられる。果たして結果は生涯初となるA型インフル感染の診断。
仕事の引継ぎも慌しく、石持て追われるようにして早退を余儀なくされる。
伝染病なので仕方ないといえば仕方ないのだが、熱が下がってから二日間は自宅待機というきまりに従い、結局今週の残りはこのまま全休が決定。

思いがけずもたらされた五連休だが、今週はいつにも増してタスクが山積しているので全く有難くない。
休め帰れと囃しはすれど、仕事が遅れても許すとは決して言わないのが大人のダブルスタンダード。自室で大人しく寝ている訳にもいかず、引き継いだタスクの進捗をメールでチェックしつつ自らも残作業を続行。

時間はたっぷりある事だし、さっさと終らせて現場見舞いにでも行こうかな…おい待てそれは何の嫌がらせだ。それともバイオテロか。
自重自重。

しかし折角時間があるのに勿体無い。




posted by em at 21:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ラインは一本

久々に車で現場まで赴いた。
土地は地縄に沿って舗装が剥がされ土がむき出しになっている。
シェルターを設置する予定のスペースに車を停めてみる。
張り出したポーチの角部分を避けてバックし…
…これは相当難易度が高い。図面で見るのとは大違いだ。

前面道路から駐車位置までは車を約120度旋回させる必要がある。
その為に使える前面道路の幅は4m、しかし邪魔になる位置に電柱が立っているので実質的には3.5m程度。
しかも今回は、なんということでしょう、ただでさえ狭い開口部を仮設電柱が更に狭めているではありませんか。

パワーアシストのないステアリングをフルロックで切り返す事数回、車から降りて擁壁と電柱の位置を確認する事数回、試行錯誤の末ようやく無事に所定の位置に車を停める。
ああ、いい汗かいた

20091108GS1Noised.JPG

というか自分の家に車を停めるのにいちいち汗をかいてられるか。
駐車スペースは4.2m×2.5mのシェルターサイズが全て、ジャストサイズの駐車スペースに至るまでのラインもほぼ一本。
誤差は殆ど許容しない。ラインを見誤ったら住宅ローン一月分の修理代が飛んでいく。
結局は慣れの問題なのだろうが、慣れるまでに車を壊してしまうのでは元も子もない。特に夜は危険だ。
対策としては…とりあえずこれこれかな。


posted by em at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。